読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ぼんやり参謀

好きな事について書いたり、薬にも毒にもならないことを考えたりします。

ソーセージと法律は作る過程を見ない方がいい

雑記

ドイツのことわざにはソーセージを使ったものがある。すでにnaverまとめ等に上げられているため、ここでまとめ直すことはしないが、「ソーセージにはソーセージを」「ベーコンを求めてソーセージを投げる(=海老で鯛を釣る)」などがそれだ。

そういう国民性、とてもいいと思う。日本もお寿司とかでことわざを賄うといいんじゃないか。例えばこんなの。

 

・シャリを締めてネタを忘れる

-些細な事に気を取られ、大事を失うさま

 

・鉄火の河流れ

-人気のないさま

故事:回転寿司屋にて、鉄火巻がいつまでも取られずにレーン上を流れていたことから。

 

・あがりとオヤジは渋めがよい

-決まりきった定番のたとえ

*あがり…寿司屋で出されるお茶の通称

 

・寿司は1日にしてならず

-長年の努力なしに成し遂げることはできないというたとえ

 

・皿洗い3年握りに4年(表記ゆれ:皿に3年握りに4年)

-長年の努力なしに成し遂げることはできないというたとえ

 

ちなみに蕎麦についても考えようとしたが、検索してみたところどうやら普通にあるらしい。まじか。