ぼんやり参謀

好きな事について書いたり、薬にも毒にもならないことを考えたりします。

思春期エンジニアなので自室を監視したい

齢二十幾ばくといえども心は反抗期なので、自分の部屋には何人たりとも入れたくないというのが心情なのである。

この記事は ウィルゲート Advent Calendar 2019 - Qiita の21日目の記事です。昨日は @wg_ishikawa さんの グロースハックについて内定者たちとしたディスカッション - Qiita でした。

 

しかし、この世には無遠慮に入室する人間が存在する。母だ。

 

何故オカンは息子の部屋に入るのか。この問題は有史以来様々なアプローチでもって解明が試みられているが、未だにその原因は解き明かされていない。やめて欲しい。本当にやめて欲しい。

一応誤解なきよう言っておくが、齢二十幾ばくである。この歳になるともはや隠す事もない。万が一自室に巧妙に隠されたあれやこれやを見つけられ、机の上に整理して置かれていたとしても威風堂々と構え「達者であったな」と声をかける事だろう。

つまり、そういう事ではないのだ。不在の間に親に自室に入られている、その事実が幾年過ぎども心の中にくしゃっとした感情を抱かせるのだ。人にはパーソナルスペースがあるというが、本件においてはこの何畳かの空間がそれにあたるのだ。

そして何故かは分からないが弊親はシラを切る。あるものをないと言う。入っていても入ってないと言う。いやかーちゃん、ゴミ箱綺麗になっとるやんけ。ありがとうなんだけどね、それはありがとうなんだけど。

 

要するに、かくなる上は証拠を押さえるしかないのだ。つまり監視カメラだ。監視カメラを作るぞ皆の衆。

 

f:id:ribastdesumono:20191219225002j:image

ラズパイを買った

 

今回買ったのはこの2つだ。

 https://www.amazon.co.jp/gp/product/B07FQ9678G/ 

 

当方ラズパイに関しては全くの初心者であったが、幸いにもQiitaという大海にこれでもかと言うほど参考文献があるので実際何とかなる。ちょっと調べれば初心者向けのセットアップの記事もある。ありがたやありがたや。

Raspberry Pi 3 Model B+の初回セットアップ(購入から起動まで) - Qiita

じゃあ監視カメラを作る記事もあるのではないかという疑問も尤もである。ある。それはもう沢山ある。完全に車輪の再発明だ。だが、全ての制作は模倣からとも言う。そういうことなのだ。 

f:id:ribastdesumono:20191220085830j:image

「ラズパイで監視カメラ」、全人類が一度は考えてるんだと思う。

 

工程としては至極単純で、諸々の内容物を組み立てた後OSをインストールし、カメラアプリケーションを導入するだけである。詳しい方法に関しては参考文献のURLをご参照いただければ十分であろう。とはいえ何も解説しないのも文章として不躾であるため、本稿はラズパイ初心者にしょうもないTIPSを送っていきたい。1つは、OSのインストールのために有線キーボードと有線マウスが必要という事だ。用意をうっかり忘れたまま夜に作業を始めると1日が無駄になる。なった。

 

f:id:ribastdesumono:20191219225052j:image

開始5分で詰んだため諦めて酒で優勝した

 

f:id:ribastdesumono:20191219224913j:image

翌日ヤマダ電気で買った

 

カメラ用のソフトウェアにはmotionを用いた。もうね、全部あるわけ。全部用意されてるの。やる事なんかないの。

motion-project.github.io

[Raspberry Pi]motionでお手軽監視カメラをつくる

 

f:id:ribastdesumono:20191220123544j:image

記念すべき初写真。青い。

ふたたびしょうもないTIPSとなるが、ラズパイ公式のカメラモジュールには青色のフィルムが貼られている。これを剥がし忘れると全体的に青みがかかった写真になってしまうので取り忘れることのないよう注意したい。

f:id:ribastdesumono:20191220123632j:image

これを剥がしたら万事上手くいった。エンジニアとして、会社のアドベントカレンダーとして大変心配である

 

 motionを用いるとweb経由で映像を確認したり、動体検知もできる。ふと思ったのだが、こういうおもちゃの監視カメラに似たようなものが昔コロコロコミックの電子工作広告にあった気がしてきた。心、反抗期というより小学生の可能性が出てきた。

 

f:id:ribastdesumono:20191219225138p:image

写真部分下部の黒いフチはマウス用のUSBレシーバーである。挿す場所を間違えている。人として不器用なのだ

f:id:ribastdesumono:20191219225149j:image

手をかざした瞬間だけ写真が撮れた

 

仕込みはこれで完了だ。私はこれを自室の入り口にセットし、侵入者とのさらなる戦いに赴きたいと思う。

 

 なお、今後の実装としては次のようなものが考えられる。

  • 撮影時に警告アラートを鳴らす
  • 撮影とともにSlackに侵入情報を通知
  • 画像認識による部屋に侵入した人間の推定

とはいえ、侵入時の証拠を抑えるという要件に関してはこの実装で十分である。何事もミニマムスタートが肝心なのだ。

 

 

最後に私が伝えたい事は2つ。1つは、ラズパイは情報が沢山あるので誰でもトライできる事。もう1つは、誰であれ自室に入って欲しくないという事。そして、アドベントカレンダーは前日に慌てて書くべきではないという事だ。

 

 明日のウィルゲート Advent Calendar @msm_2さんで「SwiftUIでMVVM」です!

 

参考文献